通常国会が終わった途端、9月の総裁選に向けての自民党内の勢力争いが猛スピードでスタートしたことが感じられます。

菅氏、茂木氏、石破氏らの総裁選をめぐる発言、さらには若手からは岸田総理を突き上げる発言が、堰を切ったように続いています。

しかし、自民党をここまで追い込んだ裏金問題を起こし、そしてそれに対して危機感を欠く対応をし続け、抜け穴だらけの政治資金規正法改正を主導したのは、他ならぬ自民党。

誰が、どう厳しい発言をしようとも、それは全て自らに向けられるべきではないでしょうか。

総理の顔を変えただけで、自民党が変わるとはとても思えません。