3年ぶりの党首討論が行われました。泉代表が主に取り上げたのは、今回の政治資金規正法改正の不十分さ。

岸田総理は、開き直ったように、カネのかかる政治は避けられないんだとの答弁を繰り返しました。これでは国民の信頼は取り戻せません。

岸田総理に、泉氏は解散総選挙で今の「政治とカネ」の問題について、国民に信を問うべしと訴えました。が、岸田氏はそれを拒否。

残念ながら、この現状では日本の政治は前には進みません。

一方自民党では、解散総選挙が今はない、すなわち9月には自民党総裁選が行われることを前提に、今晩、茂木幹事長と菅前総理と会食するなど、新しい総裁選びへの動きがすでに加速しています。国民不在も甚だしいと言わざるを得ません。

自民党はこの夏、大きな党内政局の夏を迎えるのでしょう。これも国民不在の政局となる予感があります。