衆議院議員 大串ひろしブログ

大串博志(民主党)のオフィシャルブログ

地域主権

片山善博先生、地方創生について語る

民主佐賀政治スクールを開催しました。
今回の講師は、片山善博元総務大臣・鳥取県知事。

政府与党が「地方創生」を掲げる中、本当の地方活性化策とは何かを、長い経験の中から語って頂きたくお招きした次第です。

今、政府与党が行っている地方創生策についてこうおっしゃいました。

上から目線の感がある。各地方団体に、それぞれの地方創生の計画を出させて、それを国が評価して、出来が良いと思われれば予算が付く一方、出来が悪いと思われれば予算は付かない、そういう仕組み。国の誰が、各地方の地方創生策の良し悪しを本当に判断できるのか、しかも極めて短時間の間に「異次元の」地方創生計画を作ることを求められる、そんなことが可能なのか、と。

私も全く同感です。国の、上からの画一的な目線の入りすぎた結果となるのではないかと危惧します。

必要なことはそうではなくて、基本的に地方に財源と権限を大胆に移譲して、地方が自主的、創造的に取り組むことができる土壌をまず作ること。それが大事だと思います。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

ふるさと納税と税の基本

ふるさと納税について、予算委員会でも議論がありました。
地域活性化の呼び水になり得ると、各自治体とも頑張っている制度です。その制度の趣旨に則って運営されれば良いのですが、課題を帯びる例も見られるようになってきました。

例えば、ふるさと納税をした時に、極めて高額な返礼品を付けるとか。予算委員会では、牛一頭、あるいは土地、といった返礼品も例も指摘されました。また、換金性の高いものなども問題があります。

各自治体の皆さんが知恵を絞って取り組んでいらっしゃるので、指摘するのも辛いものがありますが、税は国の根幹。納税の基本が歪まないような運用が大事です。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

地域創生の鍵

唐津市厳木町中島の、中島山笠に行ってきました。
中島地区は世帯数は100世帯強。決して大きな町ではありません。でも、この山笠、すごく賑やかで元気があります。

地域のことは祭りを見ればよくわかると思って、各地の祭りを訪問しています。そこで気付いたのが、祭りなどに象徴されるような、各地域のアクティブ度合についてはずいぶん違いがあるということ。

そほ違いがどこから出てきているのかは私もまだよくわかりません。しかし、このあたりが、本当の地域創生の鍵になるのではないか思います。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

地方創生基本法案はどうなるのか

政府は秋の国会に地方創生のための基本法を出す予定と言われています。秋の国会は「地方創生国会」と位置付けていますから、そのような法案を出すということでしょう。
 
しかし、私の持論ですが、真に効果のある地方創生策は、抜本的な地域主権に尽きます。予算、規制の権限を抜本的に地方に移譲すること、それによって中央集権的な統治機構自体を変えていくことです。
 
しかし、今言われている地方創生基本法案は、地方創生の理念を定めたり、基本方針を作ることを定めたり……とか。典型的な基本法。それで具体的に事が進むわけではありません。
 
これが本当に秋の国会の最重要法案として出てくるのか。目が離せません。


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

本気の地方創生策は出てくるか

秋の国会は、政府与党は、地方創生のための国会だと位置づけるという噂です。
 
集団的自衛権で低下した内閣支持率を来春の統一地方選までに回復させるために、テーマはこれ、ということでしょうか。
 
さて、それでは具体的にどのような地方創生のための政策、予算案、法律案が出て来るのでしょうか。
 
私は、本当に「地方創生」を成し遂げ、地方の疲弊、少子高齢化を食い止めたいのであれば、やるべきことは、徹底的な「地域主権改革」しかないと思います。どれだけ思い切って、国から地方へ、権限と財源を移せるか。それにかかっています。
 
それを本気でやろうとすると、霞が関は抵抗してくるでしょう。民主党政権の時もそうでした。
 
しかし、それを行わず、霞が関が無難に出して来るような、「地方の活性化」的な既存の政策の焼き直しでは、全く意味がありません。
 
どのようなものが出て来るのか、注視していきたいと思います。


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
記事検索
月別
ギャラリー
  • どこでも起こりうる大雨災害
  • 被災地の猛暑
  • 被災地の猛暑
  • 九州北部大雨被災地の厳しさ
大串博志後援会事務所
〒849-0303 佐賀県
小城市牛津町牛津127−1
民主党佐賀県第2区総支部
Tel:0952-66-5776
Fax:0952-66-5778
mail: mail@oogushi.com

お気軽にお立ち寄りください!

大串ひろしを支援してくれるボランティアやサポーター募集中です!詳しくは上記事務所まで!
livedoor プロフィール
Twitter
Facebook
BLOG RANKING
Mixi
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ