衆議院議員 大串ひろしブログ

大串博志(民主党)のオフィシャルブログ

法務

続「一般人も捜査の対象になる」

今日はNHK「日曜討論」で、各党政策責任者間での議論でした。

北朝鮮問題に続いて共謀罪法案の問題。色々な論点がまだ十分答弁されきっていませんが、特に私としては、先日盛山法務副大臣が答弁した「一般人も捜査の対象となる」という点が大変気になります。したがって、今日の番組でもこの点を繰り返し指摘しました。

自民党の茂木政調会長は、これを打ち消すかのような発言をしました。しかしそうであれば、これまで一般人は対象とならないとしてきたことと、どちらが本当に正しい答弁なのか、国会の場で白黒はっきりさせなければなりません。

加えてそもそも、こんな大事な点が答弁者によってコロコロ変わっていること自体が大問題です。

明日以降の共謀罪法案審議の大きな論点です。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

一般人も捜査の対象になる

「一般人も捜査の対象になる」

今日の衆議院法務委員会での、盛山法務副大臣からの答弁でした。

これまでの審議では、繰り返し、一般人は共謀罪の対象にならないかのごときの答弁が続きましたが、今日明らかになったことは、正確に共謀罪法案を読めば、一般人は捜査の対象になるということ。

私はこの答弁には驚きません。なぜなら法文を素直に読めばそうであるから。だからこそこの法案は成立させるわけにはいかないのです。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

そこまで金田法務大臣を隠したいのか

共謀罪法案について、衆議院法務委員会において実質的な審議が始まりました。

 

政府与党側の体制は、驚くべき「金田法務大臣隠し」。

 

答弁者について、官僚の答弁を認めるべきと、委員会の冒頭において、与党委員長の職権で多数決、数の力で押し切るという形で決めました。官僚の答弁を認めるのは、全会一致で決めるのが通例。この通例を数で押し切ってのスタートでした。

 

金田法務大臣の答弁能力が不安なのがありあり。担当大臣が責任をもって抱えきれないような法案を、国会で通していいものでしょうか。

 

ましていわんや、「テロ対策」という偽りの看板を掲げつつ、国民生活に対する権力の乱用につながる懸念を強く指摘されている法案です。

 

数の力で、権力を持つ人間が、さらに自らに権力を与える方向に世の中を変えていってしまっている。強い危機感を感じます。何としてもこの法案は止めていかねば。


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

人々の内心にまで踏み込む安倍政権の恐ろしさ

共謀罪法案の何が最も問題なのか。それは、個人の「内面、内心」を公権力が覗き、それに基づいて刑罰を科すものだからです。

政府は、共謀、あるいは合意だけでは罪にはならないんだと、そのうちの一人が何がしかの「準備行為」を行なって初めて罪になるのだと言います。すなわち個人の内面、内心を罪にすることはないのだと、しかしこの説明は全く不適切です。

準備行為を行うのは、一人かもしれません。しかしそれをもとに罰せられるのは、その一人のみならず「合意」をした全ての人。つまり準備行為を行なった人以外は、具体的には何もしなくても、まさに「内面、内心」を理由に罰せられるということです。

これはそもそも、 法に触れることを実際に行なったら罪に問われるという、刑法の原則から大きくかけ離れるものです。

内心のことをもとに罪にしようとする姿勢。あるいは教育勅語を教材に使うことを認めて、子供達の内心を操ろうする姿勢。ここには安倍内閣の戦前回帰的な性格が如実にあらわれています。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

共謀罪法案・・一般の団体には及ばない、とは?

共謀罪法案は今日、衆議院本会議で審議入り。与野党合意の上でのものではなく、与党による強行的な審議入りだったので、そもそもそのこと自体が大問題です。

加えて共謀罪法案の内容が問題です。

今日の本会議でも、安倍総理などからは、組織的犯罪集団とは何かということについて「一般の団体には適用されない」との答弁がありましたが、何を持ってそれが確実に担保されるのか、具体的な答弁は全くありませんでした。

その場しのぎで言っているだけというのがありあり。委員会での審議になった時に徹底的に追及していきます。


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
記事検索
月別
ギャラリー
  • 地方自治体議員の皆さんの頑張りに応えるために
  • 第一回民進党定期大会
  • 遠慮気味の安倍総理
  • 衆議院本会議で代表質問に立つ
大串博志後援会事務所
〒849-0303 佐賀県
小城市牛津町牛津127−1
民主党佐賀県第2区総支部
Tel:0952-66-5776
Fax:0952-66-5778
mail: mail@oogushi.com

お気軽にお立ち寄りください!

大串ひろしを支援してくれるボランティアやサポーター募集中です!詳しくは上記事務所まで!
livedoor プロフィール
Twitter
Facebook
BLOG RANKING
Mixi
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ