私が予算委員会質疑で取り上げた、「行政事業レビュー」について。
 
今日の新聞報道に、小さくですが、「次の行政事業レビューから、有識者からの意見に、事業の『廃止』を復活させる」という記事が出ていました。
 
民主党政権における行政事業レビューにおいては、最も強い意見として事業の「廃止」というものがあったのですが、安倍政権になってからはそれが無くなり、最も強い意見でも、事業の「抜本的改善」となっていました。
 
それでは税金のムダ遣い見直しが進まないではないか、と相当強く私も予算委員会で行政改革担当大臣に迫りましたが、大臣は「役所が自律的に見直すことが重要」などと、役所が書いた答弁を繰り返すのみ。
 
しかし、結果は「廃止」意見の復活。私はこれは当然そうあるべきだと思いますが、しかし、国会で取り上げられる前に、行政改革大臣のそれこそ「自律的」な意思決定として「廃止」意見をずっと活用し続けてもらいたかったと思います。