衆議院議員 大串ひろしブログ

大串博志(民主党)のオフィシャルブログ

東日本大震災

東日本大震災から6年

あの東日本大震災から今日で6年。私は東京での経験でしたが、6年前のあの瞬間のことは忘れることができないし、また決して忘れてはならないと思っています。

未だに消息の不明な方がいらっしゃる、そして故郷に帰れない多くの方々がいらっしゃる。その重みを胸に、国会としても復興再生に向けた取り組みは続きます。

我が党は「復興加速4法案」を議員立法として国会において提案しています。何とかこれを審議、成立させていきたい。また、福島第一原発の事故を受けて、原発の安全神話を超えたエネルギー政策をさらに前に進めていきたいと思います。

道は続きます。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

大震災の記憶から学び続ける

東日本大震災から5年。改めて、失われた多くの尊い命に哀悼の誠を捧げるとともに、いまだ元の生活に戻れていない17万人余の方々の早期生活再建、そして復興全体の促進を誓いました。

大地震に加えて、想像を絶する津波と原子力発電所の事故。今思い出すと、地震に引き続いて起こったひとつひとつの出来事の展開は、それまでの常識を覆すものであり、災害に備えるということが言葉上は易しく見えても、いかに実際には困難を極めることであるかを教えてくれました。

大自然の猛威に比べれば、それに備えて人間ができることは限られるのかもしれません。しかし、私たちは過去に学ぶことができます。

大震災時の悲惨な、厳しい現実を絶対に風化させてはなりません。

繰り返し大震災の記憶から学ぶことでより安心な日本を作っていくことは、私たちに課された使命です。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

東日本大震災から4年

東日本大震災から4年。天皇皇后両陛下のご臨席のもと、国立劇場での追悼式に参加しました。14時46分の時報に合わせて黙祷を捧げると、4年前、私は当時在京でしたが、経験したことのないような大きな揺れに驚き、全ての会議を即刻中止して、その後の震災対応に入った、あの瞬間が思い出されました。
被災地代表の方々の追悼の言葉を聞いていると、4年の月日が経過したとは言え、被災者の方々の心の傷跡が癒えるにはまだ日は浅く、引き続き大きな苦しみの中に暮らしていらっしゃることを改めて思い知らされます。

そのよう中、国会の場でできることは何か、常に自問しながら、私たちも取り組まなければならないことに思いを致し、改めて気を引き締めました。

(明日、木曜日、午前10時5分から32分間、衆議院予算委員会で質疑に立ちます。いわゆる文民統制や、集団的自衛権の問題について、防衛大臣と議論します。テレビ中継はありませんが、衆議院のインターネットでご覧になれます!) 

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

石原環境大臣、信に値せず

今日で今回の通常国会は実質的に幕を閉じました。
 
今日最後の争点は、石原環境大臣が福島の汚染土などの中間貯蔵施設について「最後は金目」と発言したことを受けての、同大臣への不信任案の取り扱い。
 
それに先立って極めて問題だったのは、今日午前、衆議院環境委員会で、この石原発言問題を議論することが事前に与野党で決まっていたにもかかわらず、今日になって自民党側が突然この審議を行わないとしたこと。まさに「石原隠し」。
 
それも含めて不信任案を議論しましたが、数の力の差、これは否決されました。しかし、ここまで福島の皆さんの信頼を失った大臣が、これから中間貯蔵施設の建設をはじめ色々な課題のある中で、十分にその役割を果たせるかと言うとほぼ難しいでしょう。それなのに、この大臣発言を不問に付そうという与党の態度は極めて問題です。
 
そういう意味で釈然としない形での事実上の国会閉幕。しかし閉会中審査も視野に入れて、閉会中も必要な審議を求めていきたいと思います。


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

東日本大震災三周年追悼式

国立劇場で開催された、東日本大震災三周年追悼式に出席してきました。
 
大震災から3年が経ち、被災者の皆様の心の痛みがまだまだ癒えない中で、復興への道のりを歩む。それが遺族を代表してことばを述べられた方々の思いだったと思います。
 
ひるがえって、国政に携わる私たちとして、震災復興に向けて万全を期した取り組みが出来ているか、改めて我が身に問い直さざるを得ません。
 
「復興問題を取り上げる時間が減った」 衆議院予算委員会本予算審議の終盤、野党理事の長妻さんが委員会室で私につぶやいた言葉です。
 
今日の式典を契機に、今一度、震災復興を胸に記します。


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
記事検索
月別
ギャラリー
  • どこでも起こりうる大雨災害
  • 被災地の猛暑
  • 被災地の猛暑
  • 九州北部大雨被災地の厳しさ
大串博志後援会事務所
〒849-0303 佐賀県
小城市牛津町牛津127−1
民主党佐賀県第2区総支部
Tel:0952-66-5776
Fax:0952-66-5778
mail: mail@oogushi.com

お気軽にお立ち寄りください!

大串ひろしを支援してくれるボランティアやサポーター募集中です!詳しくは上記事務所まで!
livedoor プロフィール
Twitter
Facebook
BLOG RANKING
Mixi
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ