衆議院議員 大串ひろしブログ

大串博志(民主党)のオフィシャルブログ

災害対応

被災地に見る公共交通のあり方

IMG_0423
2017911大分JR視察 (12)
九州北部豪雨の被害復旧状況について視察に行ってきました。

特に今回は、JR連合、JR九州の皆さんらとともに、鉄道の被害の状況を中心に見てまわってきました。

発災直後に久大本線日田駅近くの花月川鉄橋が流されて鉄道が寸断されているところを視察しました。今回はそこに加えて、前回は近づきにくかった日田彦山線の被災場所も見ることができました。

日田彦山線は、朝倉、日田のあたりから、北上して東峰村など山あいの地域をつないでいる路線です。ところがまさにこの線が大きな被害を受けていて、60箇所以上、かなり広範囲に被害箇所が及んでいます。

線路の土盛り自体が流されている箇所、鉄路の橋は残ったけれど橋の上の線路は全て流されてしまった箇所、駅舎が土砂崩れで流されてしまった大行司駅……

特に大行司駅においては、大雨で運転を取りやめ乗客を避難させた列車がその後動くことができずにそのままの状態になっていました。

人口減少の中で地域の皆さんの大切な交通手段だった日田彦山線。1日の利用者数は100人台だったそうです。その復旧にはどんな作業がどれだけ必要となるのか、どれだけのコストがかかるのか、可能なのか、まだめどは立っていないそうです。

人口減少に喘ぐ地方の、公共交通のあり方を改めて考えさせられました。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

どこでも起こりうる大雨災害

P7140015
今日、党の災害対策本部を開催して、九州北部の豪雨災害に関する現状を確認しつつ、必要な支援活動に関して議論しました。私も本部長代行として昨日までの、私自身が現場で見てきたことを報告しました。

現下の状況では、救助救援作業活動に全力をあげながら、被災者の生活支援も急務、しかも暑さ対策もと、課題は山積。引き続き気を引き締めて臨まなければなりません。

一方で、その他の地域でも災害情報が続きます。愛知県では犬山市などで大規模な冠水被害に見舞われました。また山形県などの東北でも豪雨が観測されています。

日本全国、いついかなる時でも大雨災害が起こりうるという緊張感をもった備えが、この時期は必要です。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

被災地の猛暑

IMG_0305
IMG_0308
昨日に引き続いて、今日は九州北部大雨被害の結果、筑後川を経て有明海に大量に流れ出た流木等の漂着物の状況を視察してきました。

数年前に福岡や大分で大雨があった時も大量の漂着物がありましたが、今回はその比ではないとの声がもっぱら。いかに今回の大雨災害が甚大であったかを物語っています。

九州北部は今日梅雨明け。漂着物を取り除く作業をされている方々も熱中症に要注意です。この厳しい状況は、福岡、大分でも救助救援作業にあたる皆さんも同様。昨日も福岡県庁から派遣されている方々で、猛暑を避けながら、体調に注意しながら作業される皆さんの姿がありました。

作業にあたられる皆さんにも、避難されている皆さんにも、この猛暑への対策が急務です。




 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

九州北部大雨被災地の厳しさ

DSC_0342DSC_0337DSC_0324
福岡、大分の先週からの大雨災害の被災地を視察してきました。

まだまだ災害の発生が生々しい傷跡を残す被災地ですから、救援・復旧作業の邪魔になってはいけません。細心の注意が必要です。

被害の大きさは、その現場を見て改めて認識させられました。流れ出した土砂、無数の木々、荒々しい岩などが、川を覆い尽くし、乗り越えて人家を飲み込んでいった場所が数多くあります。

行方不明となっていらっしゃる方々の捜索が、一人でも多くの方の命を救って頂ければと祈るような気持ちになります。また被災された方々の今後の生活再建も容易な道のりではないことも明らかです。

国としてできることは、とにかく急いであらゆることをやり尽くさなければなりません。
 

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

山の変化

今回の福岡、大分での豪雨災害による被害の広がりを見ていると、あの大量の流木が土砂とともに流れていることによる被害の拡大は見逃せません。

被災地から遠く離れた有明海にまで多くの流木が流れ着いています。これまで筑後川上流日田市などで大雨災害が起こった時に、様々な漂着物が大量に有明海に流れ着いたことはありましたが、これだけ大量の流木はこれまでなかったと思います。

それを見て思うのは、山の中で、今回の流木被害を生じさせるなにがしかの変化が起きていたのではないかということ。もちろん今の段階で軽々に判断することは禁物です。しかし、山の変化が気になります。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
記事検索
月別
ギャラリー
  • 被災地に見る公共交通のあり方
  • 被災地に見る公共交通のあり方
  • 漁業者にも、農業者にも打開策を
  • どこでも起こりうる大雨災害
大串博志後援会事務所
〒849-0303 佐賀県
小城市牛津町牛津127−1
民主党佐賀県第2区総支部
Tel:0952-66-5776
Fax:0952-66-5778
mail: mail@oogushi.com

お気軽にお立ち寄りください!

大串ひろしを支援してくれるボランティアやサポーター募集中です!詳しくは上記事務所まで!
livedoor プロフィール
Twitter
Facebook
BLOG RANKING
Mixi
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ