衆議院議員 大串ひろしブログ

大串博志(民主党)のオフィシャルブログ

財政

来年度予算案・・審議は全く尽くされていない

来年度本予算、今日、自民党の委員長の職権での審議打ち切りの上の強行的な採決の中で、可決されました。

 

日程ありきのこの審議打ち切りは本当に残念です。

 

文科省の天下り問題。まだまだ全容の解明はなされていません。天下りの目的は予算の獲得。すなわちどれだけの予算が天下りとの関係で浪費されたのか、明らかになる前の予算採決。

 

森友学園の「値引き国有地購入」の問題についても、まだまだ真相は明らかになっていません。国有地の売却はまさに予算に直結する問題。それが明らかになる前の予算採決。

 

この他にも、共謀罪の問題や、南スーダンPKOの日報隠ぺい問題など、多くの課題についても明らかになる前の予算採決でした。

 

まさに、「臭いものに蓋」とでも言わんばかりの、各種問題の全てを隠ぺいするかのごときの、強行的な採決でした。

 

これで幕引きとはいきません。参議院の審議においても、これらの問題についてさらに厳しく追及していきます。


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

基礎的財政収支の急速な悪化

今日、内閣府が発表した、中長期の財政見通しにおいて、2020年度の国・地方の基礎的財政収支が8.3兆円の赤字となる見通しであることが明らかになりました。政府は2020年度に基礎的財政収支をバランスさせることを財政健全化の目標としていていますが、その達成は極めて厳しいものと言わざるを得ません。

 

昨年夏に発表された中長期の財政見通しでは、55兆円の赤字とされていたものが、急に8.3兆円まで拡大したのはなぜか。それはひとえに、安倍政権が楽観的な成長率、税収見通しに基づいて見通しを立ててきたから。

 

今回のように見通しがはずれると、一気に下振れします。それでも、今日発表された見通しにおいても将来に向けては名目で3パーセントという高い成長率を前提に将来の財政見通しを立てています。同じ過ちを繰り返そうとしています。

 

私たち民主党政権の際には、「目標とする成長率」すなわち楽観的な見通しではなく、より慎重な成長率見通しに基づいて財政の将来見通しを立てていました。財政運営とはそうあるべきもの。

 

当面の見た目だけをよくしようという安倍政権のあり方が、この財政見通しによく表れています。

 

この点、明日からの予算委員会での議論などでさらに掘り下げられていくと思います。


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

まずは補正予算案の検証

今日、今年初めてとなる、党政務調査会幹部会を開催。20日から始まる国会で、冒頭からスタートダッシュをかけていく態勢を整えました。

 

国会冒頭の色々な動きについては、即対応できるよう昨年末からタマ込めを行ってきていたので、年末年始が連続していたかのような感じですが…

 

国会が始まった後、来週開催の初回「次の内閣」での対応事項は、第三次補正予算案。26日からの審議入りの予定です。

 

その「出口」は当然まだ見通せませんが、この補正予算案においては、今年度の税収が見通しより1.7兆円も下回るという結果を受けての、赤字国債増発が盛り込まれています。

 

まさにアベノミクスが失敗していることを顕著に示すもの。その意味で、審議の中ではアベノミクスそのものについてもしっかり議論しなければなりません。

 

また補正予算案の中の主な歳出項目である、災害対策、国際機関等への拠出金等、防衛支出増等についても、それが補正予算を組んで対応するほど「緊要性」の高いものか、しっかり吟味しなければなりません。

 

そのための検証は、政務調査会できっちり行って臨みたいと思います。

 


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

政府の予算案を受けて

今日、政府は28年度第3次補正予算案と、29年度本予算案を閣議決定しました。これに対して、私の方から談話を発表しました。

https://www.minshin.or.jp/article/110643/【談話】平成28年度第3次補正予算案及び平成29年度予算案について

今年度補正予算案では、税収が見通しよりも1.7兆円も減り、これを赤字国債の増発で補うという内容。「税収が伸びた」と言ってアベノミクスの成果だとしていた安倍総理にとっては、まさにアベノミクスが失敗していることを明らかにした予算案です。

来年度予算案についても、税外収入を使ったり、国債の想定金利を引き下げたりして、つぎはぎで何とか取り繕った感一杯の構造です。

しかも一億総活躍、働き方改革、などとスローガンは踊っていますが、実際の予算の内容を見ると既存政策の焼き直しばかり。政権として何をしたいのか、その方向性が全く見えません。

来年の通常国会での予算審議に向けて、各部門ごとに予算の問題点をしっかり洗い出していきたいと思います。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

国債の返済金利に垣間見える危機的な状況

もうすぐ来年度予算案についての概算要求の時期。

さて、私が注目するのは、国債、つまり国の借金を返済するための予算の見積もり。当然、どれくらいの金利で借金を返済するのか、その見込みが予算額に大きな影響を与えます。

この金利、2パーセントから、1.6パーセントへとだんだん下がってきています。その背景は、日銀がマイナス金利を含む低金利政策をとっているから。

金利が低いと借金の返済にかかる予算が少なくてすむので、一見良さそうに見えます。しかし果たしてそうか。

日銀が低金利になるような政策をとっているということは、それだけ日銀が自ら国の借金をかかえる政策をとっているということです。

すなわち、国の借金の負担が、「政府」から「日銀」に移っているだけ。しかも、それはあるべき姿ではありません。

中央銀行が国の借金を負担するというのは、経済の世界で言うと末期的状況です。日本の財政は、年々、危機的な状況に近づきつつあります。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
記事検索
月別
ギャラリー
  • 被災地に見る公共交通のあり方
  • 被災地に見る公共交通のあり方
  • 漁業者にも、農業者にも打開策を
  • どこでも起こりうる大雨災害
大串博志後援会事務所
〒849-0303 佐賀県
小城市牛津町牛津127−1
民主党佐賀県第2区総支部
Tel:0952-66-5776
Fax:0952-66-5778
mail: mail@oogushi.com

お気軽にお立ち寄りください!

大串ひろしを支援してくれるボランティアやサポーター募集中です!詳しくは上記事務所まで!
livedoor プロフィール
Twitter
Facebook
BLOG RANKING
Mixi
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ