衆議院議員 大串ひろしブログ

大串博志(民主党)のオフィシャルブログ

安全保障

米艦防護の事実関係

海上自衛隊の護衛艦が、米海軍の補給艦に対し、房総半島沖から四国沖まで並走しながら、新安保法制で可能となった「武器等防護」規定に基づき防護任務を行ったという報道が相次いでいます。

ところが防衛省は、このような新任務を本当に行ったか否かにについては「明らかにしない」という公式コメント。

これは大問題です。

なぜなら、まず新安保法制で可能となった米艦船等に対する「武器等防護」は、形を変えた集団的自衛権ではないかと言われた、非常に微妙な任務です。しかも、そのような任務を、北朝鮮情勢が緊迫していると安倍総理自身が言っているようなこの時に行うということは、北朝鮮に対する一種の示威行動的な面があるわけで、それは北朝鮮による不測の反応を惹起するかもしれないというリスクを伴います。

そのようなリスクを伴うものであるにもかわらず、その事実関係については国民に語らないという、この安倍政権の秘匿体質自体が問題です。少なくとも国民に十分な説明を行い安心感を与えるものとは、正反対の態度です。

私はこの安倍政権のスタンスに非常な危惧の念を覚えます。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

日本政府は、安保環境を客観的に評価し国民に説明するべき

我が国を巡る安全保障環境については、常に客観的に、冷静かつ正確に評価しなければなりません。それが全てのスタートラインです。

今の北朝鮮情勢はどうか。確かに累次の核実験やミサイル発射は、明らかに国際社会への挑発行為。断固として国際社会全体で封じ込めていく必要があります。

ただ、一方で本当に今北朝鮮が、我が国に実際にミサイルを撃ち込んでくるような切迫した状況にあるか否かについては、冷静に判断する必要があります。

その意味で、29日早朝の北朝鮮ミサイル発射の際に、例えば一部の地下鉄等が運転を一時見合わせるという措置をとりましたが、本当にそこまでの切迫した事態だったのか。

ここのところは、政府は具体的に事態の切迫度合いを正確に国民に伝える必要があると思います。そうでなければ日本政府自体が、事態を「煽っている」ということになります。

政府からの客観的な説明を求めたいと思います。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

中国の果たす役割

北朝鮮がまたミサイルを発射しました。失敗し、国内に墜落と言われていますが、これだけ国際社会の圧力が強まって来ている中でもこの挑発行為ですから、国際社会全体として、相当の覚悟と結束をもって臨まなければならないことは明らかです。

北朝鮮へ圧力をかける最大の鍵が中国の動向であることは、周知のことであり、トランプ政権もここに相当の力を注いでいることが見てとれます。

しかし、今の中国側からの発信を見る限り、北朝鮮に抜本的な方針転換を促すほど真剣に取り組んでいるとは思われません。まだまだ様子見という雰囲気が強いと思います。

国連でも議論が続きます。まずはここから、中国も含めて国際社会全体で強い制裁のメッセージが出せるかが鍵です。しかし、私は今のところ楽観視していません。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

日本海での日米共同訓練

昨日のブログで、北朝鮮をめぐる現状に関して、対話と圧力の中で、偶発的な衝突を生じさせないような細心のバランス感覚が必要であることを書きました。

米空母カール・ビンソンを中心とした打撃軍と、日本の海上自衛隊艦船が共同訓練を行い、これが日本海にまで進むことも検討と報道されています。また、自衛隊は、今日日米の別の艦船が、日本海で共同訓練を行ったと発表しました。

もちろん、防衛省は事前に表向きでは、どの海域で共同訓練が行われるかを明らかにはしません。しかし、日本海での訓練となると、北朝鮮との近接性から、「万が一」の偶発的衝突が生じた際に、日本の自衛隊が即座に「戦闘に巻き込まれる」可能性が飛躍的に高まるのではないかと懸念されます。

私が指摘した「細心のバランス感覚」は、どこで共同訓練を行うかを考える際にも当然求められます。

この点、実態がどうなっているのか、事後的にも検証が必要となります。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

偶発的な衝突を起こさない、細心のバランスが必要

明日北朝鮮は朝鮮人民軍の創設記念日。これにあわせて何がしかの挑発行為をしかけてくるのか、私たちも緊張感をもって臨みたいと思います。

 

北朝鮮に対して、一方で対話を、また一方で圧力をかけていくというスタンス自体は基本だと思います。しかし同時に、双方が挑発と圧力をかけていく過程で偶発的な衝突を招いてしまうことがないような、細心のバランス感覚が極めて重要です。

 

その観点で言うと、いま米国ではカール・ビンソンを中心とする空母打撃軍が日本海に向けて北上中だと言われています。そして、そこに日本の海上自衛隊が共同訓練を行うことが明らかにされており、並んで航行する状況。

 

その中で繰り返し言います。偶発的な衝突を招かないような細心のバランス感覚が絶対に必要です。

 


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
記事検索
月別
ギャラリー
  • どこでも起こりうる大雨災害
  • 被災地の猛暑
  • 被災地の猛暑
  • 九州北部大雨被災地の厳しさ
大串博志後援会事務所
〒849-0303 佐賀県
小城市牛津町牛津127−1
民主党佐賀県第2区総支部
Tel:0952-66-5776
Fax:0952-66-5778
mail: mail@oogushi.com

お気軽にお立ち寄りください!

大串ひろしを支援してくれるボランティアやサポーター募集中です!詳しくは上記事務所まで!
livedoor プロフィール
Twitter
Facebook
BLOG RANKING
Mixi
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ