衆議院議員 大串ひろしブログ

大串博志(民主党)のオフィシャルブログ

国際政治

シリア空爆

米国が、シリア・アサド政権の軍事施設を空爆。急転直下の動きでした。

アサド政権が化学兵器を使用したとされ、これが事実であれば絶対に許されることではありません。

その上で、安倍総理は今日、「米国の決意を支持する」と述べました。シリアにおける化学兵器使用の事実関係がどのようなものであったのか。これは後に検証を要する点です。

いずれにしても、この中東の不安定化要因が、世界全体にどのような影響を及ぼしていくか、極めて感度高く注視していかなければなりません。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

孤立を深める北朝鮮

今度の日曜日の朝に放送されるTBS「時事放談」の収録がありました。今回の対談相手は、元中国大使の丹羽宇一郎さん。

北朝鮮、金正男とされる人物の殺害の件が話題となりました。

北朝鮮の外交官まで関与していたとマレーシア捜査当局は述べています。そうであるとすると驚きなのは、もともと北朝鮮に対しては比較的友好的な関係のあったマレーシアとの間でさえ、今回のような国家間の争いになるようなことでさえ躊躇なくやってしまう北朝鮮の状況。(もちろん北朝鮮は否定していますが)

一連のミサイル発射を含め、極めて危険かつ挑発的な姿勢を示す北朝鮮ですが、友好的な国でさえお構いないしの所業であるとすると、さらに国際社会からの孤立を気にも留めない国内体制になっているのか、懸念されます。

「対話と圧力」  これが基本ですが、国連の場を含め、多国間でのより強い取り組みが、どう見ても急務です。


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

トランプ氏の入国禁止大統領令になぜ安倍総理は沈黙するのか

明日2月1日、衆議院予算委員会において質疑に立ちます。午後1時50分から50分程度の時間となりますが、安倍総理と今国会の重要課題について議論を戦わせたいと思います。(NHK中継がありますので是非ご覧ください)

特にトランプ大統領の、中東等7カ国の国民に対する入国制限について、安倍総理としてどう考えるのか。この一両日の安倍総理の国会での答弁を聞いていると、どうもはっきりしません。

自由や人権といった、「価値」の共有を外交において打ち出してきた安倍総理です。この立場からすると、トランプ大統領のこの排外的な傾向は、安倍総理が掲げてきた「価値」とは相入れないもののはず。それに対してなぜ安倍総理は口をつぐむのか。

大いに議論したいと思います。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

不透明感

トランプ氏の最近の発信、発言を見ていて、来年に向けた不透明感を感じざるをえません。

米国は核兵器能力を増強するべきといった発信ひとつを取っても、その本心がどの辺にあるのか、注目しないわけにはいきません。

今の国際情勢は、中東にしても、極東アジアにしても不安定な要素を多々抱えています。それに関わる主要なアクターたる米国の方針の変化は、全体像に大きな影響を与えます。

来年1月20日以降の世界はどのように展開していくのか……

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

南スーダンで何が起こっているのか

国連安保理に、米国が提出した、南スーダンに対する武器輸出禁止決議案について、我が国は米国からの説得にもかかわらず棄権。米国はこれを不服としています。

我が国が棄権した理由は、今の南スーダンの状況下で、南スーダンへの武器輸出禁止がなされると、現地の状況をさらに不安定化させる、というものだそうです。

一方で、米国が南スーダンへの武器輸出禁止を提唱するのは、既に南スーダンに対して周囲から大量の武器が流入しており、それによって住民への大量虐殺的な事件が強く懸念されるということです。

これに対してまだ深い分析は私も持ち合わせていません。しかし、日本が南スーダンにPKO部隊を派遣しており、またその部隊が駆け付け警護の新任務を付与されたことを受けて、日本政府内に「南スーダンの情勢は安定してる」と言いたいが故に「大量虐殺の懸念はない」と強いて言うような流れなり、傾向があるとすると、歪んだ判断になりかねません。

この辺りの事実関係を私なりにさらに掘りげなければと思っています。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
記事検索
月別
ギャラリー
  • 被災地に見る公共交通のあり方
  • 被災地に見る公共交通のあり方
  • 漁業者にも、農業者にも打開策を
  • どこでも起こりうる大雨災害
大串博志後援会事務所
〒849-0303 佐賀県
小城市牛津町牛津127−1
民主党佐賀県第2区総支部
Tel:0952-66-5776
Fax:0952-66-5778
mail: mail@oogushi.com

お気軽にお立ち寄りください!

大串ひろしを支援してくれるボランティアやサポーター募集中です!詳しくは上記事務所まで!
livedoor プロフィール
Twitter
Facebook
BLOG RANKING
Mixi
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ