衆議院議員 大串ひろしブログ

大串博志(民主党)のオフィシャルブログ

金融

不良債権のリスクは残る

金融庁の、検査局が監督局と合体するということです。時代も変わったなと思います。

私が金融庁監督局で勤務したのは2003年から2005年まで。銀行の不良債権処理問題で大荒れの頃でした。

検査局が銀行検査で問題のある融資を精査し、監督局がそれをベースに指導・監督を行う。そんな役割分担の中で、不良債権比率4パーセントという目標に向けて下げていくことに、まさに「昼夜を分かたず」取り組みました。

時代は変わって、今や銀行に対しては、不良債権を増やしてはいけないという指導より、いかにお金を貸すかという指導の方がより重要になってきているということなのでしょう。

その考え方はわからないではありませんが、銀行が不良債権を増やす可能性が無くなったかと言えば、私はそうではないと思います。

例えば、マイナス金利下で、融資を伸ばさなければならない銀行が、過剰なアパート融資に走ってしまっている懸念はないでしょうか。

このようにバランスの難しい問題は、私は依然として残ると思います。そういう意味で、銀行に対して、オンサイトでチェックする仕組みはある程度残さざるを得ないと思います。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

アパートローンバブル

銀行によるいわゆる「アパートローン」(アパート建設のための融資)の急増は、大変懸念されるレベルに来ていると思います。

税制の歪みにに加え、昨年からのマイナス金利で大きくこれが促進されました。私の住む地方部においてもアパート建設は進み、「こんなにたくさん、誰が住むんだろうか」と不思議に感じます。

バブルの雰囲気さえ感じさせる今の状況。そもそもマイナス金利で地方金融機関は収益を上げることが難しくなり、大変厳しい経営環境です。その上にアパートローンのバブル融資が仮に弾け、さらに地方金融機関の体力を奪うとすると致命的になりかねません。

アベノミクスという歪んだ政策の、まさにその「歪み」の結果がここに看てとれます。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

大変わかりづらい日銀の決定

昨日の日銀の政策決定会合の決定は、大変わかりづらい内容でした。

量的緩和は続ける、しかし量ではなく金利を目標にする、そのための新しい枠組みを入れる。これは一体何でしょうか。

私は意図的にわかりづらくしたのではないかとすら思っています。これ以上の量的緩和は無理で、特に追加緩和などはあり得ないくらいギリギリのところまで来ていることを、明確に表現することを避けるために。

しかし、早晩そのような姑息なやり方は見抜かれます。私は市場は揺れると思います。

金融政策の限界を認め方向性を転換する、その際には市場の動向に細心注意を払って行う、と、もっとシンプルに言えるはずです。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

袋小路の金融政策

明日、今回の日銀政策決定会合の決定が出ます。

 

これまでの「異次元の金融緩和」についての「検証」結果がどう出されるのか、大変注目しています。もちろん、米国FRBの決定も併せて。

 

私に言わせれば、完全に袋小路に入っている日本の金融政策。「検証」を行うという、「補助線」を入れることで、局面を変えようとしているのではないかと思いますが、それは当面を切り抜けんがための弥縫策に過ぎません。どのような「検証」結果を出そうと、その本質は早晩市場によって見抜かれるのではないかと思います。

 

袋小路に入ってしまっていることを、正面から認めることしか、抜け出す道はないように思えます。

 


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

「貯蓄から投資へ」はいずこに

麻生財務大臣の、今日の講演での、証券会社勤務を「差別視」するような発言には驚きました。これが金融担当大臣としての役職も帯びる人の発言かと。

「貯蓄から投資へ」

言い古されてはいますが、我が国の金融資産の運用のあり方について、こう言われ続けて久しい中、当の担当大臣はどういう認識なのか。

国会が開催していたならば是非問いただしたいところですが……

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
記事検索
月別
ギャラリー
  • 被災地に見る公共交通のあり方
  • 被災地に見る公共交通のあり方
  • 漁業者にも、農業者にも打開策を
  • どこでも起こりうる大雨災害
大串博志後援会事務所
〒849-0303 佐賀県
小城市牛津町牛津127−1
民主党佐賀県第2区総支部
Tel:0952-66-5776
Fax:0952-66-5778
mail: mail@oogushi.com

お気軽にお立ち寄りください!

大串ひろしを支援してくれるボランティアやサポーター募集中です!詳しくは上記事務所まで!
livedoor プロフィール
Twitter
Facebook
BLOG RANKING
Mixi
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ