衆議院議員 大串ひろしブログ

大串博志(民主党)のオフィシャルブログ

国会活動

何だこの強行採決は!!

今日の衆議院厚生労働委員会での与党側の委員会運びは言語道断でした。

安倍総理に対して、我が党の議員が森友学園問題に関する質問を行なったことで激昂し、金曜日に採決することで合意されていた介護制度に関する法案について、今日いきなり審議を打ち切って強行採決を行なったのです。

その日にいきなり強行採決というのは、これまで強行運営の限りを尽くしてきた安倍政権のもとでもこれまでなかったような、ウルトラ級のものです。

深い思慮もなく議論が気に入らなければ即強行採決。こんな現状でもはや国会とも呼べない場となっていると言わざるを得ません。


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

天下り問題でも幕引き・隠蔽か

文科省の天下り問題について、昨日文科省は全く「お手盛り」の調査結果を出して、これをもって天下りの全容解明についてフタをしようとしているわけですが、一方で、国会においても与党側の「天下り隠蔽」が露骨です。

天下りの調査報告が出た時点で、衆議院予算委員会を開催し集中審議を行うことを自民党の委員長は最大限努力するとしていたにもかかわらず、与党側は今になってこの約束を全く果たそうとしないのです。

今日自民党国会対策委員長に、予算委員会集中審議開催を求めるも、先方からは全くのゼロ回答。問題の隠蔽そのものです。

私たちとしても、もちろん文科委員会等での追及は行なっていきます。しかしこの与党側の不誠実極まりない対応は目に余ります。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

「逃げ切り」狙いは許されない

森友学園に対する国有地払い下げ問題については、安倍総理側の、説明から逃げる姿勢が見え見えです。

ここまで明らかになってきている事柄を整理すれば、籠池氏に加え、籠池氏の依頼を受け交渉を担当していた弁護士、総理夫人、谷総理夫人付き、といった限られた関係人にまとまって来てもらって、ウソをつくことのできない環境下で質疑を行なって事実関係を確認すれば真実が明らかになるということが、目の前に見えています。にもかかわらず与党側はこれを頑なに拒否。

おそらく安倍総理側は、最終盤を迎えている参議院予算委員会の審議や、近く予定される参議院決算委員会での審議といった、当面総理が答弁に立たなければならない局面さえ乗り越えられれば、この問題からは逃げ切れるという考えではないか。

それはいかにも姑息な狙い。

国有財産は国民の財産。その国有財産が「適切な対価」で譲渡されたかどうかというのは、軽く扱って良い問題ではありません。したがって、真実が明らかにならない限り国会では取り上げ続けざるを得ません。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

同じ証人喚問の場で

「どっちの言い分が本当なのか」

昨日の籠池氏の証人喚問質疑を見ていて、そしてそれに対する今日の安倍総理夫人や政府側からの説明を聞いていて、多くの皆さんがそう思われたと思います。

証人喚問の場で、虚偽の答弁をしたら罪に問われる場で明言した籠池氏。一方安倍総理夫人側はメールを公開するなど間接的な形での対応のみ。本当に真実を明らかにするためには、総理夫人をはじめ関与が取りざたされている「鍵」の人物に、籠池氏と同様の立場で答弁に立ってもらうしかないと思います。すなわち証人喚問の場で。

国会の貴重な会期を有効に使うためにも、それがもっとも適切でかつ迅速な真相解明に至る途だと思います。 与党がこれを拒む理由は理解し難いものがあります。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

籠池理事長証人喚問・・さらなる真相解明の論点

今日注目された、衆参予算委員会での籠池理事長の証人喚問。

 

通してみて、明らかになった論点、明らかにならなかった論点があります。例えば、安倍総理夫人から当該国有地に関して何がしかの政府への働きかけがあったことはわかりましたが、それがどの程度かはわかりませんでした。

 

100万円の寄付についても、「あった」という籠池氏と「なかった」という政府側のどちらが真実なのかは明らかになりませんでした。

 

これを踏まえれば、さらなる真相究明は必要だということだと思います。総理夫人の秘書官がどの程度関与していたのかとか、100万円の寄付の際には籠池氏と総理夫人のふたりきりだったのか秘書官は同席していたのかとか、そのような具体的に明らかにするべき論点は明確になったと思います。

 

自民党の竹下国対委員長は、これで明確になったのでこれ以上の真相解明は不要と述べていましたが、私はむしろ解明していくべき論点が明らかになったと思います。

 

今、政務調査会のもとで森友学園問題解明チームを動かしています。これだけ論点が出てきて、しかも複数の省庁にまたがる論点が出てきているので、このチームで進行管理しながら、徹底追及していきたいと思います。

 


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
記事検索
月別
ギャラリー
  • 地方自治体議員の皆さんの頑張りに応えるために
  • 第一回民進党定期大会
  • 遠慮気味の安倍総理
  • 衆議院本会議で代表質問に立つ
大串博志後援会事務所
〒849-0303 佐賀県
小城市牛津町牛津127−1
民主党佐賀県第2区総支部
Tel:0952-66-5776
Fax:0952-66-5778
mail: mail@oogushi.com

お気軽にお立ち寄りください!

大串ひろしを支援してくれるボランティアやサポーター募集中です!詳しくは上記事務所まで!
livedoor プロフィール
Twitter
Facebook
BLOG RANKING
Mixi
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ