衆議院議員 大串ひろしブログ

大串博志(民主党)のオフィシャルブログ

TPP

TPP・・この気の緩みは看過できません

TPPについて、自然成立が不可能になるように、今日の強行採決は阻止し、4日の採決を受けることになりました。

 

そしたら気が緩んだのか、その日のうちにまた今日山本農水大臣の発言。

 

「この間冗談を言ったら、クビになりそうになった」と。

 

強行採決するか否かが冗談なのでしょうか。しかも、このTPPがどうなるかによって死活問題となる農家の皆さんにとって冗談なのでしょうか。その担当大臣たる農水大臣が「冗談」と言っていい問題なのでしょうか。

 

私にはそうは思えません。明日は、すんなりとはいきません。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

TPPの自然成立をまず食い止める

TPPの審議は、明日重要な局面を迎えます。

今国会内に、条約として「自然成立」できる衆議院通過タイミングが明日。そのために与党は強行してくるのか。

自然成立を狙うというのは、まさに審議が深まるか否かにかかわらず時間がきたら採決するという強引な態度であり、また参議院の議論を軽視するものでもあります。

参議院での審議を軽んじるような審議日程は受け入れられません。まずはこのハードルを乗り越えることからです。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

TPP・・ISDS条項ひとつとっても

衆議院TPP特別委員会は、今日「やっと」野党側からの推薦人も含めて、参考人質疑が行われ、午後には集中審議も行われました。

ISDS条項に関する議論が、今日は多く行われていましたが、極めて重要な論点。

そもそも政府は「濫訴になるようなISDS条項とはなっていないので大丈夫」との説明を繰り返してきていますが、「濫訴になるようなことはない」という限定の言葉が本当に実効性のある限定になっているのかは、十分な説明がありません。

加えて、その点が明らかにならなければ、例えば「ISDS条項で海外から訴えられるかもしれないから、このような政府の安全規制は導入しないでおこう」というような、日本政府の側における「萎縮効果」が現れてしまうのではないかということも問題です。

濫訴になるかならないか、という問題の前に、我が国として自由な意思決定がそもそもできなくなるのではないかという疑問です。

いずれにしても、ISDS条項ひとつとっても、まだまだ議論を尽くさなければならない論点は数多くあります。

今日のような議論をさらに深めていなければなりません。間違っても近々採決、などということにはなりません。政府与党には、絶対に強行運営がないよう求めていきたいと思います。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

TPP・・6000ページと40時間

TPPの審議についての報道を見ていて疑問に思うことがあります。

「与党が審議時間の目安としている40時間に近づいている」という報道がありますが、与党のこの「言い値」にどれだけ意味があるものか。私はまさに与党の「言い値」に過ぎないと思います。

何せ、TPP協定の全体のボリュームは半端ではない、極めて規模の大きい協定ですから。協定のページ数は6000ページ超。その全てについて、私たち国会議員は、認めるか、認めないかの判断をしなければならないわけです。

何の根拠があるのかわかりませんが、40時間の審議で十分とはとても言えるものではありません。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

強行しないと言いながら強行(怒)!

一体、政府与党の、TPP強行採決に向けたなりふり構わぬ姿勢は何なのか。国民の声の反映の場であるべき国会を何と考えているのか。

昨晩、山本農水大臣は、TPP審議において強行採決を促すような、とんでもない発言をし、今日それを陳謝したばかり。その舌の根も乾かないうちに、与党側は今日の審議を強行し、さらに来週24日の地方公聴会を強行的に決定しました。それもこれも、今月内に強行採決をしてでもTPPの衆院通過を確保するため。

強行採決発言を陳謝しながらその日に強行運営。こりゃ一体何だ!国会は議論する場ではないのか!

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
記事検索
月別
ギャラリー
  • どこでも起こりうる大雨災害
  • 被災地の猛暑
  • 被災地の猛暑
  • 九州北部大雨被災地の厳しさ
大串博志後援会事務所
〒849-0303 佐賀県
小城市牛津町牛津127−1
民主党佐賀県第2区総支部
Tel:0952-66-5776
Fax:0952-66-5778
mail: mail@oogushi.com

お気軽にお立ち寄りください!

大串ひろしを支援してくれるボランティアやサポーター募集中です!詳しくは上記事務所まで!
livedoor プロフィール
Twitter
Facebook
BLOG RANKING
Mixi
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ