衆議院議員 大串ひろしブログ

大串博志(民主党)のオフィシャルブログ

政治一般

加計学園問題・・「個人メモ」でごまかすな!

加計学園問題について、一昨日来注目を集めている、萩生田官房副長官が関与したことを示した文科省の文書について、菅官房長官は何と「個人メモ」だとして、その信憑性を否定する発言をしています。とんでもない発言です。あの文科省の文書は間違いなく行政文書です。

公文書管理法で規定されていますが、行政文書とは、職員が職務上作成して、組織的に使われて保存されているもの、と定義されています。

今問題となっている文書は、文科省職員が明らかに仕事の中で作ったもの。そうでなければ遊びとして作ったのですか?なんて変なことになります。それはあり得ません。

また担当課から他のいくつかの課室に送られてかつ共有ファイルの中にあったということですから、これまた明らかに組織的に使われて保存されていたものです。

したがって、この文書は行政文書以外の何物でもありません。

それを個人メモ、などと言い募って否定しようとするのはいかにも苦しい言い逃れにすぎません。さらに言えば、官房長官自ら公文書管理法に違反する文書管理を認めているようなものであって、とんでもないことです。

こんなひどい言い逃れをしていること自体が、いかに安倍政権がこの加計学園問題で窮しきっているかをあらわしています。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

加計学園問題・・萩生田副長官の関与

加計学園問題について、昨日のNHK番組で報じられた、萩生田官房副長官の関与を示す新たな文科省の資料。今朝、松野文科大臣はそれが文科省の中で共有されていた文書であることを認めました。

 

ところが、萩生田副長官はコメントを出して、自分が指示を出したことを否定。文科省の資料の内容との食い違いが表面化しました。

 

今日の午後、党の加計学園疑惑PTを開催して、文科省、内閣府を呼んで事実関係を確認しましたが、文科省は、萩生田氏のコメントを引用するような形で萩生田氏の関与を否定しました。ところが、この文書に書かれている萩生田氏の関与のどの部分が事実と違うのか、誰がどうやって萩生田氏にそれを確認したのかなど、肝心なところはしどろもどろ。

 

そもそも、この文書は、文科省によると昨年1021日に萩生田氏に文科省の常盤高等教育局長が呼ばれた時の内容だということなので、常盤氏にこの場に来て事実関係を説明するよう求めましたが、「今日は出張中」だと。では明日以降出張から戻って来たら説明するべしと求めると「それはここでは約束できない」と。

 

また、内閣府の側の責任者である藤原審議官についてもこの場に来て説明するべしと求めると、それも「約束できない」と。

 

担当した当人が自分の口で明確に説明することが、政府全体の説明責任を果たすには最も簡単かつストレートな方法であるにもかかわらず、政府はそれを拒みます。

 

その様子を見ても、安倍総理が昨日の記者会見で語った「反省」の言葉と、「国民に丁寧に説明を尽くす」という言葉が、口だけのいい加減なものであることが、すでに明らかになっています。

 

こんなに国民をバカにした対応はありません。引き続き政府側には徹底的な調査とその説明を迫っていきます。


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

安倍総理、記者会見を行うくらいなら国会を開くべき

安倍総理が国会を終えての、ということで記者会見を行いました。

 

共謀罪法案のとんでもない強行採決、加計学園、森友学園問題の幕引きを図るかのごとき国会閉幕を受けて、内閣支持率が軒並み急落する中、何を語るのだろうと思いきや、中身は相変わらずの自己正当化、他人への責任転嫁の言葉がずらり。

 

反省、という言葉を使ってはいましたが、全体の論理の流れは、「俺は悪くない」という、「安倍総理らしい」傲慢な姿勢が強く浮かび出た記者会見でした。

 

国会を早々に閉じて、その一方で、記者会見を開いて自分の都合のいいことだけを語る。その姿勢自体が大問題です。そんなに語りたいことがあるのであれば、国会を開いて堂々と議論に応じればよいではないか。ところが、閉会中審査には全く応じる気配なし。

 

国会が閉じている中でも、できる限りの説明責任を果たすよう追及していきます。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

加計学園問題・・萩生田官房副長官の怪しさ

加計学園の問題は、国会が閉会したからと言って真相解明の歩みが止まるわけではありません。

私たちとしては、閉会中審査を行ってでも明らかにしていくべきだと思います。これを開かない、あるいは遅延する理由は何もなく、即、行うべきです。もしこれに政府与党が後ろ向きの対応を取るのであれば、その消極的な姿勢自体をあぶり出していかなければならないと思います。

萩生田官房副長官は、今日、加計学園への特区認定に関して自らの関与が指摘されていることについて「難癖」と発言しました。内閣府の職員からのメールに萩生田氏の名前が出ているからこそ問題になっているわけです。それなのに「難癖」と、何の説明もなく斬って捨てる姿勢自体が、その怪しさ一層強めています。


 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

内閣改造ですらも加計学園隠しか

加計学園の問題をもみ消すために、共謀罪法案を強行採決してまで国会を閉じた安倍総理。

そして今度は、さらに国民の目先を変えるために内閣改造?

内閣を組織するのはそんなためのものでしょうか?それは本来は、それぞれの仕事を、日本のために最もよくできる人を任命する、ということなのではないでしょうか。

それを内閣支持率アップのために利用するとしたら本末転倒です。

 ☆ クリックして、応援して下さい!↓↓↓→→→ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
記事検索
月別
ギャラリー
  • 第1回民進党佐賀県連定期大会
  • 地方自治体議員の皆さんの頑張りに応えるために
  • 第一回民進党定期大会
  • 遠慮気味の安倍総理
大串博志後援会事務所
〒849-0303 佐賀県
小城市牛津町牛津127−1
民主党佐賀県第2区総支部
Tel:0952-66-5776
Fax:0952-66-5778
mail: mail@oogushi.com

お気軽にお立ち寄りください!

大串ひろしを支援してくれるボランティアやサポーター募集中です!詳しくは上記事務所まで!
livedoor プロフィール
Twitter
Facebook
BLOG RANKING
Mixi
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ