岸田総理が経済対策の取りまとめを指示した後、経済対策に「減税」が盛り込まれるのではないかという観測?憶測?があります。

確かに経済対策の指示の中には、企業に関わるもので政策的な税制措置のポイントはありました。変わり映えしない内容だなと思って見ていました。

これに加えて、個人の所得税についても何か打ち出されてくるのかということが注目されているようです。

ちょっと疑問が浮かぶのは、その場合、財源はどうなるのだろうかと。これから岸田総理は防衛費増のための財源の議論を具体化させなければなりません。さらに少子化対策についても3兆円以上の新たな財源を年末までに議論していくことになっています。

そんな中、所得税の減税を行う場合、財源はどこから持ってくるのでしょうか。まさか、赤字国債の増額でまかなうのでしょうか。ありえないことですが。

あからさまな選挙対策なのか、どうも腑に落ちません。