党のバス政策議員連盟総会を開催しました。

地方のバス路線はこれまで人口減少の中で大変厳しい状況を迎えていました。さらにそこに加えてコロナ禍が襲い、乗合バス、貸切バスともに著しく厳しい環境となりました。そして、現下の燃油の高騰……

高齢化も同時に進む地方において、住民が生きていくために、公共の交通手段が維持されることは必須です。したがって、地方における不可欠なインフラとして、政府としてもその維持のために、さらに知恵を絞っていかなければなりません。

日本バス協会の皆さんから現状をうかがい、そのことを改めて皆で確認しました。
B781013A-775D-49B6-900F-398FB33F40C7