国政報告会は、こちらからの訴えをお伝えするだけではなく、有権者の皆さんが今、何を問題、課題と捉えていらっしゃるかを知ることのできる場でもあります。

特に、質疑応答の中で、その傾向を注意深く読み取るようにしています。

私が、最近注目しているのは、安倍政権、菅政権と続いてきた中で続出した「政治とカネ」の問題、あるいは森友、加計学園、桜を見る会問題などの行政の私物化、行政の忖度、歪みの問題などは、今でもかなり根強く、これを問題視する声が強いということです。

これらの問題は、「野党は政府攻撃ばかり」ということを言う際に、あげられていたような問題です。それが「野党は反対ばかり」という声につながっていた面もあろうかと思います。

しかし、ここにきて、やはり安倍政権、菅政権におけるこれらの問題は、きちんと責任追及しなければならないという声は、やはり消えずに、いまだに強いように感じます。

今日の国政報告会でもそうでしたが、よく質疑応答の中でそのような声があがります。

行政は私物化されてはいけない、歪められてはいけない。これは政治の基本とも言えること。野党によるチェック機能を期待する声は強いと感じます。
4D3FF225-748A-4010-888C-AA95FA62D594