今日の国政報告会の中でも、ワクチン接種の問題は注目点。

ある市会議員の方から、なぜワクチン供給が減るのか、という強い不満の声が上がりました。

このブログにも書いたように、政府からの説明は、足りないはずはない、偏在しているだけだと。しかし、現場からはこのような声が現実に上がっています。

河野担当大臣は、自治体向けのワクチンが現実に減っているのではないか、それはなぜなのか、しっかり分析し、説明する必要があります。

現状の把握が適切に行われることによってのみ、今後ワクチン接種を自治体の皆さんが順調に進めるための方策がたてられるからです。

10F8758E-739F-4E39-908E-C2C3DF254C89