大阪府からは、11日の緊急事態宣言の期限を延長するべきだという声が聞こえてきています。東京都はどうなるのか。私はこちらも11日に解除できる見通しはほぼないのではないかと思います。

3度目の緊急事態宣言も長期化しかねません。それにも関わらず、今回の場合、この緊急事態宣言で影響を受ける方面に向けての支援についての議論がほとんどなされていません、これは大変問題です。

今日は、太良町の農家の皆さんをはじめとした方々のお話しを伺いながら歩いてまわりましたが、収穫期を迎えた玉ねぎ農家の方からは、今年もこの時期の緊急事態宣言のために、昨年同様、相当な価格低下が生じるのではないかという心配を抱いていらっしゃいました。

このような声があちこちにある中で、緊急事態宣言を出す、出さない、あるいは延長する、しない、だけの議論ではなく、現状に対する支援をどうするのかの議論をもっと行うべきです。
C085DC0F-A06C-4911-AA71-3BCD62FDB303