今国会での衆議院憲法審査会の議論が始まりました。

始まった途端に、自民党等は、自らが提案している国民投票法改正案(いわゆる「七項目案」)について「もう採決すべし」と一方的な主張。

この七項目案は、近年の公職選挙法における改正内容を踏襲したものであることから異論はないだろうと、自民党等は極めて短絡的に主張しています。

ところが、そもそも公選法に基づく一般的な選挙と同じようなものとして、憲法改正にかかる国民投票を考えて良いものか、という根本論については、まだ全く議論されていません。

加えて、国民投票法については、かねてから私たち野党側から、CM規制等の問題をあわせて議論するべきと主張している(その必要性については自民党等も認めています)にもかかわらず、その議論を後まわしにして、七項目案だけ採決しても全く意味がありません。結局後から、CM規制等の問題も議論をしなければならなくなるからです。

このようなことを、私の方から、今日の憲法審査会で述べました。

それでも、自民党等は来週採決すべし、と道理の通らないことを言ってきている様子。

私たち野党側もこうやって議論に応じているわけですから、採決、採決と「形」ばかりを追わずに、しっかりと議論を行うべきです。
C31ACCEA-8932-425A-B9F7-56C3CDA8B759