自民党の中から、「子ども庁」創設の提案があり、菅総理は党に検討を指示したと。二階幹事長も前向きな発言をしているようです。

子どもに関する政策については、厚生労働省と文部科学省との間での縦割の弊害が指摘されています。

その認識のもと、民主党政権の時から「子ども家庭省」の設置を、ということで取り組みました。残念ながらその途上で政権を手放すことになり、その後の安倍政権においては、このような話は全く出てきませんでした。

今、菅総理が本気で子ども子育て政策のために、省庁縦割りを廃した統合組織を作ろうということであれば、私たちは国会においてすぐにでも協力できます。今国会でも成立させられるようなものです。

問題は、菅政権が本当に、本気なのか、ということ。私は疑わしく思います。カッコだけなのではないかと思っています。