今日は、参議院農林水産委員会に出席して、有明海特別措置法改正案の審議に答弁者として臨みました。

今日、私が受けた質問は、今回の改正案において、法律の期限の延長とともに、支援対象として「海岸漂着物の処理」を追加した点。

これまでは海洋における漂流物への対応が支援対象でしたが、近年の九州の豪雨災害の際に、内陸から河川を通って有明海に流れ着く大量の流木などが、海を漂流するのみならず、潮の流れの中で海岸を埋め尽くすほど漂着するケースが頻発しています。

そのような状況下では、漁港が使えない、船を出せない、など漁業に深刻を影響を与えます。

このようなことから、海岸漂着物の処理についての支援が必須になっている現状を、答弁の中で訴えました。

同法改正案は今日無事に参議院農林水産委員会で可決されました。明日参議院本会議で成立する見通しだと聞いています。

あと一歩です。
C96C8781-BEA7-4F78-B7AB-4EFC24B1B6BF

【関連動画】大串ひろしが有明特措法に関し、国民民主党船山康江議員の質問に対し、2番目の質問に提案者として答弁します。(参議院 農林水産委員会 2021年3月30日)


【関連動画】豊かな海を取り戻すため「こんなこと」やってます!さてそれは?!|宝の海を次世代に受け継ぐための闘い。有明海特措法延長し再生事業を法律で支援。一方諫早干拓開門問題は道半ば