昨日のGotoトラベルの全国一斉停止の決定に関して、今日野党ヒアリングを行いました。

特に確認したかったのは、これまで菅総理が「Gotoトラベルで感染が拡大した証拠はない」としていた考えを変えたのか、だからGotoトラベルを一斉停止することとしたのか、という点。

しかし政府側からの説明は、昨日の菅総理の記者ブリーフとも同様、Gotoトラベルが感染を拡大しているから止めた、という説明ではなく、年末年始で強い対応をとれる機会だからそうした、というもの。

これまでの自分の判断が間違いだったということは絶対に言いたくないのでしょう、だからこのような説明になっています。

その結果、Gotoトラベルを停止したとしても、政府からのメッセージは極めて曖昧なものになっています。

本当に国民の皆さんに移動を抑えてもらいたいのであれば、Gotoは感染を拡大するという考えに至ったのでそれを停止した、とはっきり言わないと、メッセージは伝わりません。

菅政権のこの踏ん切りの悪さ。今でも続いています。