菅新総理に対して初めての衆議院予算委員会審議の1日目でした。

日本学術会議の任命拒否問題が大きな論点となりました。

日本学術会議のあり方の議論はあっても良いけれども、まず必要なことはなぜ6人の学者が任命されなかったのかということへの説明。その理由を説明するということは最低限、行われなければなりません。

しかし今日も菅総理は「人事に関することなので答弁を差し控えたい」という一点張り。一方で、菅総理は自らの著書の中で、NHK改革に関して意見を異にした担当課長を更迭したことを滔々と述べています。それなのに日本学術会議の人事については「人事のことなので答えられない」では、全く説明になりません。

菅氏にとって、官房長官としての記者会見の時であれば、この程度の答弁でやり過ごせたかもしれません。しかし、今菅氏は総理大臣です。国民全体への説明責任を重く、負います。

2日目の予算委員会に向けて、質疑に立つ枝野代表と質問内容をつめています。そこで、菅氏がしっかり答弁してくれることを期待しています。