自公の幹事長間で、国会での野党ヒアリングの見直しが話題にのぼったということです。

野党ヒアリングを問題視するのであれば、政府与党がきちんと国会を開いて説明をすれば良いだけのことです。憲法に基づいて国会を開くべしと要求しても、憲法の規定を無視して国会を開かない。そんな与党に野党ヒアリングを問題視する資格はありません。

役人を呼びつけていかがなものか、との指摘する与党関係者もありましたが、そうであれば政務三役が出て来て説明すればよいこと。私たちは常に政務三役からの説明を求めています。

与党の、手前勝手な言い分は通りません。