今日の国会において菅氏が新総理に指名されました。そして菅内閣が今日発足。

菅氏が今後どのような国づくり、政策推進をしようと思っているのか、国会でしっかり議論をしたいと強く思います。

例えば菅氏が述べる「規制改革」という言葉があります。「規制」を「改革」する。これだけでは何をどうするのかがよく分かりません。

どのような規制を、どのように改革するのか。これまで一般的に「規制改革」というと、規制を緩和して民間経済活動をより自由にしようという言葉として使われてきました。「小さな政府」路線です。

しかしこの数十年間の世界的な傾向として、新自由主義に基づく「小さな政府」志向は、今や経済成長を促進する方向には働かず、むしろ経済格差拡大を助長する、ということが明らかになってきています。

さて、菅氏が目指す「規制改革」というのは、このようなことを意味しているのか。

やはり国会での深い議論が必要です。