立憲民主党、国民民主党の合流に関して、昨日の国民民主党の合流への議決を経て、今日両党の幹事長が会談しました。

これからどのようなスケジュールで事が進むのかが注目されています。

まずは国民民主党がどのような形で合流に向かうのかというところの整理が行われなければならないのでしょう。

一方で、安倍総理の健康問題が取り沙汰されていることからも見えるように、解散総選挙があるのかを含め、政局は著しく流動化していると見ざるを得ません。

そうであれば、時間の猶予はありません。できるだけ早急に合流を完了させていかなければなりません。