立憲民主党と国民民主党の合流協議について、今日大きな進展がありました。

両党の幹事長、政調会長間で、新たな党の規約、綱領等について合意を見たのです。

立憲民主党においては、今日の執行役員会、常任幹事会においてその内容が報告され確認されました。

一方国民民主党においては、執行役員会が開催され、その後の記者会見で玉木代表は、国民民主党を解消して、合流をする仲間、しない仲間で分党し、自らは合流せず新しい党を作るということを発表しました。

国民民主党においては、これからさらに党内論議が進むことと理解してます。

いずれにもしてもその中で、安倍政権、自公政権に相対峙できるしっかりとした野党勢力を作るべく、大きな塊を作る流れができていくことを期待します。