山形をはじめとする東北での大雨の被害は甚大でした。お見舞いを申し上げます。

大雨被害は後まで尾を引きます。佐賀の例で言うと、下の写真を見て下さい。

有明海では、上流からの大量の倒木、木切れなどの漂着物があります。今月22日に漁協関係者の皆さんが一斉清掃活動を行われましたが、終わりはまだ見えません。9月の海苔の竿たての時期が近づく中で、漁業者の皆さんの負担は極めて大きくなっています。

そして農業。田んぼと、その横で減反して大豆をまいたところです。田んぼでは稲の葉に白い粉のようなものがついています。これが生育にどのような影響を及ぼすのか、懸念する声があります。大豆も長雨のために種まきが遅れました。これからの生育が心配です。

今日、政府は大雨災害に対して予備費からの1000億円の支出を表明しましたが、迅速かつ具体的な取り組みが必要です。

594C2E6E-795E-4149-8F2A-4930CF7FD124
1D4D235F-4972-41EC-9DC6-C144F18A1A24