黒川検事長がコロナ禍の中で賭け麻雀か。信じ難い感じもしますが、これが事実であれば、黒川氏がその職にとどまるべきではありません。

そしてその場合、法解釈を違法にねじ曲げてまで黒川氏の定年延長を無理やり決めた安倍総理の責任は厳しく問われなければなりません。

また、政府は、検察庁法改正案を「継続審議」にする、と言っています。しかし、あるべきは「継続審議」ではなく「廃案」です。

この期に及んでも、検察庁法改正案を束ね法案として通していこうと主張していること自体が、とんでもない世論とのズレを表しています。