この数日、地元の皆さんからも、あちこちから連絡が入っています。

それは検察庁法改正案について。

その声の多くは、法案の詳しいところは分からないけれど、安倍総理が、あってはならないところまで、好き勝手にしようとしているのを許してはならない、というもの。

国民の皆さんが許容できない「一線」を安倍総理が越えようとしている、という目で見ていらっしゃることがよく分かります。

この声は、是非与党の皆さんにも届いて欲しいと思います。いずれかの時点で、与党は内閣委員会で、また本会議で強行に採決をしてこようとするでしょう。その時に、一議員として、国民の皆さんの声を重く受け止めて欲しいと思います。