佐賀を代表するCSO、佐賀未来創造基金が、この新型コロナウイルスの影響で、活動が大変になっている市民団体にも支援が必要、ということを佐賀市役所に要望した、という記事がありました。

この件については、私たちも早くから心配をしてきていました。

そこで、私が幹事長を務めている超党派の「休眠預金活用推進議員連盟」で、休眠預金を活用して何がしかの支援ができないかということを考え始めています。

4月末にもこの議員連盟で、政府側ともに会議を持って、具体策を検討していこうということになりました。

新型コロナウイルスで、国民の皆さんの生活が大変になっている中、ひとりひとりの方々に寄り添う支援という意味で市民団体の皆さんの果たす役割は重要です。その市民団体の皆さんが活動しにくくなっているということにならないよう、しっかり支援策を打ち出していきたいと思います。

https://viewer.saga-s.co.jp/sagaepaper/kimg