新型コロナウイルスで休校措置が長引き、教育の機会がどうなっていくのだろうという学生・生徒の皆さんの不安が募っている状況です。

この機に、9月入学としてはどうか、という議論が湧き上がっています。

9月入学には私は基本的に賛成です。グローバル化の流れの中でその方向は強まると思います。民主党政権時に、東京大学の濱田総長が秋入学への移行を目指すと打ち出されましたが、私たちはそれを応援しました。

もちろん、様々な課題があるのは事実です。しかし予断を持たず検討していくべきです。

一方、9月入学にすることのみで、今の学生・生徒さん達の不安が解消されるかは、よく考えなければなりません。それは、9月には学校に行けるような状態になっているということを前提しているからです。あるいは様々な準備、調整がそれに間に合うような時期に新型コロナウイルスが収束していることを前提としているからです。

果たしてそうなるかは不明です。そのようなことも含めて、学生・生徒さん達の不安に本当に寄り添える解決策は何かを考えなければなりません。