新型コロナウイルスの影響は、私たちの生活、経済のあらゆる面に出てきています。

私の地元から聞こえてきているのは、この1週間ほどで急速に、佐賀県の代表的農産品である玉ねぎの価格が暴落しているという声。

もともと今年は天候がよく豊作であった上に、学校の休校措置で学校給食からの需要がなくなり、さらにそれに加えて緊急事態宣言を受けて飲食店等が軒並み営業を縮小して業務用の需要も大幅減となりました。

そのため、売り先として市場に出さざるを得ませんが、その市場も飽和状態で値が急速に大きく下がっているのです。

先週からさっそく農林水産省とも現状認識を共有し、対策を検討しています。野菜安定化基金を使っての支援が基本となると思いますが、十分な形の対応となるよう知恵を絞っていかなければなりません。

この他にも、畜産価格の低下や、花の需要の激減等、各般への影響も引き続き深刻です。

現場と丁寧に連絡を取りながら進めていきます。