新型コロナウイルス緊急経済対策のうち、世帯主の収入源に応じて30万円を支給するとする生活支援臨時給付金について、突然の、公明党をはじめとする与党内部からの強力な突き上げで、一律10万円給付という方向に大きく舵が切られました。

いったん行われた閣議決定の内容を変えて、補正予算案提出の直前にこれだけの大きな政策転換が行われるというのは極めて異例なこと。

政権内部での、相当のゴタゴタがあったことが見て取れます。

一方、これも今日突然、緊急事態宣言を全国に拡大することが決定されました。

早期の終息に向けて、感染拡大防止に向けて強力な手を打っていくことには賛同します。

しかし、今日、安倍総理は、緊急事態宣言を全国に拡大することを決定したから、そのためにこの際、一律に10万円を給付するということとしました、と説明しましたが、これはこじつけではないか。今日の公明党との交渉の中でも、直前まで安倍内閣は30万円の給付にこだわっていました。公明党に押し切られて一律10万円とした、というのは誰の目にも明らか。

国難の時です。こんな時には、国のリーダーは国民に対して、真正面から率直に語りかけるべきです。多くの国のリーダーはそうしています。総理の「こじつけ」は、リーダーのあるべき姿ではありません。