安倍総理が突然発表した「布マスク2枚支給」にかかる予算が、何と466億円にものぼることを、昨日の私のツイッターにアップしました。

そして政府側は、今日の野党会派の新型コロナウイルス対策本部会合においても、このことを認めました。

本当にこれだけの予算をかけて行うべき施策なのか、改めて厳しく問われるべきです。

さらに問題があります。

いつ具体的に全国的な配布がなされるのか、はっきりしない点です。感染の多い都道府県からまず配布していくとされていますが、それ以外の地域にはいつになるのか。この点についての厚生労働省の説明は、極めて曖昧なものがあります。

その前提となる、どの程度布マスクが調達できているのかも不明です。そもそも、厚労省は、一枚あたりの単価ですらこれから詰めていくとしており、この意味するところは、調達の全体像について見えていないということではないでしょうか。

極めて場当たり的に安倍総理が発表した施策です。先行きが危ぶまれます。