この三連休、新型コロナウイルスの影響がどのように出てきているかということを中心に、地元をまわりました。そこで聞こえてきた声は、しっかり国会の中で活かしていきたいと思います。

一方で、ウイルス対策の他に、地元の声の中で、森友学園問題について、亡くなった近畿財務局職員の方の手記が公開されたことを受けて、やはり森友学園問題はしっかり最後まで事の真相を明かにしなければならない、という声も多くいただきました。

多くの皆さんが、森友学園の問題にまだまだ納得しておられないことの表れだと思いますし、また、公開された手記が皆さんの心に真実のものとして迫っているという感じを受けました。

安倍総理、麻生財務大臣ともに、森友学園問題や公文書の偽造廃棄問題について「再調査は行わない」旨を述べていますが、この職員の方の妻が、この二人に対して「調査される側であって、再調査しないと発言する立場にないと思います」と述べられていることの重み。この重みを、安倍総理、麻生財務大臣はどう受け止めるのでしょうか。

やはり、この問題は、国会で最後の最後まで議論をし尽くさなければなりません。