森友問題に関する、財務省による決裁文書の改ざん、廃棄。前代未聞の事件でした。

これに関して、今日の週刊誌報道において、当時、現場の近畿財務局において文書の改ざんを上から命じられ、それがために自ら命を絶った職員の方の手記が公開されました。

その手記は、この改ざん、廃棄がいかに上からの組織的な指示のもとに行われたものであったか、生々しく、かつ克明に記しています。

当時、財務省は内部調査を行い、報告書を取りまとめた上で、関係者の処分を行ないました。しかしこの手記は、その調査報告書では掘り下げきれなかった、上からの組織的関与を明らかに示しています。

したがって、財務省が真にこの問題から立ち直り、国民の信頼を取り戻していこうと考えるのであれば、もう一度、徹底的に調査をやり直して、どのような経緯で改ざん、廃棄が行われたか、明らかにし尽くすことが必須です。

しかし、今日の国会答弁では、再調査は拒否されました。これが安倍政権の体質。財務省への信頼も大きく失墜しています。残念です。