新型コロナウイルス肺炎の国内感染が広がってきています。憂慮すべき事態と言わざるを得ません。


これまでは、日本に外から入ってくるのを防ぐ、水際対策に注力していましたが、今や、国内の感染拡大対策、さらには重症化防止策が必要になってきます。


国内感染の拡大とともに、感染源の特定が難しい例が増えてきています。したがって、「拡大させない」という対策だけでは対応しにくくなります。そこで「かかっても治る」という安心感を国民の皆さんにもってもらえるような、治療対策がより重要となってきます。


局面は日々変わります。それに対して政府がしっかり対応していけるか。国会もサポートしつつ、注視していかなければなりません。