ここまで2週間半が経過した衆議院予算委員会審議。ここまでの政府与党側の審議にへの対応については、「ひどい」の一言。

まず、安倍総理は、例えば桜を見る会に関して、ホテルで開いた前夜祭の領収書や見積書、あるいは招待者名簿を廃棄した証拠をキチンと示せば全ての疑念は氷解するのに、全くその気はなし。国民に対して説明する気は全くなしです。

加えて、今日は辻元さんの質疑に対して「意味のない質問」と、言語道断のヤジを飛ばして、真摯に答える姿勢も全く見られません。

与党側の委員会運営も一方的です。和泉総理補佐官、北村カジノ管理委員会委員長など野党側が求めている政府参考人の国会答弁については、自らに都合が悪いと見るや一切認めず、逆に北村地方創生大臣の答弁が全く要領を得ないことから、これは危ないと察知して、北村大臣に答弁させないための政府参考人を、私たちが求めてもいないのに、私たちの反対を押し切って呼んで答弁させるという傍若無人ぶり。

これではまともな予算委員会審議には全くなりません。

特に安倍総理の「意味のない質問」というヤジは、国会での質疑を冒とくするものであって、絶対に看過できない発言です。安倍総理自身からの撤回、謝罪が必要です。

したがって衆議院予算委員会は、正常な状態で進んではいません。異常です。