新型コロナウイルス問題に関して、大型クルーズ船への対応は本当に難しい状況になっています。

香港で下船した新型コロナウイルスにかかっていた人物と濃厚接触していた人、症状のある人を中心に検査を行なって、その中で既に20名の方々が「陽性」と出ています。今後も増えるかもしれません。

しかし、陽性となると、ではその陽性と確認された人たちと濃厚接触していた方々は検査をしなくてよいのか、また、検査をしたとしてそこで新たに陽性と判明した方々があれば、さらにその濃厚接触者を検査していくのか…

このような連鎖でどこまで検査の対象が広がっていくのか、ということです。それはとりも直さず大型クルーズ船の乗客乗員の方々が地上に降りてこられない期間が、かなり長期化するのではないかということにつながっていきます。

この点に関して、国会での厚労大臣の答弁は、引き続き不明確さを残していました。そのことが問題の難しさをよく表しています。