今日、野党カジノ問題追及本部で横浜へ出張し、横浜市がカジノ・IRを誘致しようとしている山下埠頭を視察してきました。

山下埠頭と言えば、山下公園、海の見える丘公園、中華街など横浜の観光の名所に近接していて、まさに一等地。現在、再開発の対象とされていて、そこに横浜市がカジノ・IRを誘致しようと目をつけたわけです。

今日は、カジノ誘致に大反対をされている横浜港運協会の幹部の皆さんとも面会し、水上常務理事から、カジノ抜きでの山下埠頭の再開発のあり方についてのプランをお聞かせ頂きました。しっかりした内容のプランで、カジノを誘致しなくとも、これだけ立地条件に恵まれた山下埠頭ですから、適切な開発で十分な成果をあげられることは確かだと思いました。

こんな横浜の顔、中心ともいえる場所に、あえてカジノを持っている必要は全くありません。

こんなところに、あえてカジノを持ってこようという流れとなっていることからしても、安倍政権が進めようとしているカジノ・IRの推進がよこしまなもので、成長戦略とは全く関係のないものであることは明らかです。

今日、私から横浜港運協会の藤木会長宛に、是非私たちのカジノ問題追及本部においで頂いて、横浜におけるカジノ誘致反対を力強く主張されている、その思いを聞かせて頂きたいとの招請状をお届けさせて頂きました。

横浜からも、日本にカジノはいらない、という運動を高めていきたいと思います。
C73ACDA9-4D34-4893-AA8C-FB4B10BC1263
AE7765EA-2363-4016-9B43-25BE6E52E63D
4CD5C1E7-71B2-4D07-A758-69C7A114DCF9