通常国会開会まであと一週間。冒頭の代表質問を終えたらすぐ予算委員会審議に入ります。

野党側の予算委員会理事を務める私として目下の懸案は、予算委員会でどのようなテーマを取り上げ、どのような時間配分で誰に質疑に立ってもらうかということ。

通常国会冒頭の代表質問、そして予算委員会はその後の国会全体を通じた流れを決めます。また安倍総理が自身で答弁に立つ場でもあり、極めて重要です。

カジノ・IR、桜を見る会、中東情勢等々、色々ありますが、有権者の皆さんが、これが重要課題だ、と注目されるような論点をタイムリーに取り上げていかなければなりません。

神経も使いますが、やりがいもあります。国会の開会が楽しみです。