萩生田文科大臣は昨日、大学入学共通テストの、国語、数学の記述式試験を延期することを発表しましたが、これまで英語民間試験をはじめ、大学入試に対して大きな混乱を生じさせたことに対して、誰にも責任はないような説明ぶりでした。

歴代文科大臣もそれぞれ一生懸命やってきた、つまり責任はないと言わんばかり。また与党とも話し合いながらやってきたとも言いましたが、当の与党議員からは「文科省からは知らされないうちに進められていた」と、責任のなすりつけ合いのような発言が出ています。

これだけ全国の高校生の大学入試への取り組みを混乱させながら、誰も責任を取らないということがあっていいのだろうかと思います。

そもそも、国会が閉会した後を狙って延期の発表を行なっていること自体が姑息。

責任の所在をはっきりすべきです。年明けの予算委員会でも、必ずやこの点は明らかにしていきます。