臨時国会会期末を近くに迎え、過去例を見ないことではありますが、私たち野党側としては、会期の延長を求めたいと思います。

桜を見る会については、安倍総理は張本人でありながら、予算委員会に出てきてしっかり説明しようとは全くしません。

「政治とカネ」で辞任した2閣僚は、いまだに雲隠れ状態であって、説明責任を果たしてはいません。

このような状況下で、政府与党側はとにかく早く国会を閉じたいという様子がありあり。

安倍総理は会期を延長してでも、国会に堂々と出てくるべきです。