いよいよ今週、臨時国会の実質的な最終週です。

桜を見る会に関して、安倍総理自身が答えなければハッキリしない論点がこれだけ明らかになってきているのに、安倍総理は最後まで予算委員会には出てこず、逃げ通すのか。

また、「政治とカネ」で2閣僚が辞任したことの任命責任について、結局何も説明のないまま、強引に国会を閉じてしまうのか。

そのような終わり方が、決して許されない状況であることは、安倍総理自身もひしと感じているはず。

この一週間は極めて重要です。