「60〜63   総理・長官等からの推薦者」

内閣府が私たちに提出した資料にはそう書かれていました。

そして、マルチ商法で多くの被害者が出たジャパンライフの元会長に対する招待状には「60」という通し番号が打たれていました。

その途端に、政府側は「60〜63   総理・長官等からの推薦者」ということは、記録が残っていないので分からない、などと言い出しました。内閣府が私たちに提出した資料に明らかに記されていたにもかかわらず。

今日、そのために国会は混乱しました。その結果やっと、政府側は「60〜63   総理・長官等からの推薦者」ということは、政府が作業を効率的に行うために付している」ということを認めました。

つまり、ジャパンライフの元会長は総理、総理官邸の推薦のもとに桜を見る会に招待されたということです。

何ということでしょうか。マルチ商法の会社や、反社勢力まで招待されている桜を見る会。安倍政権の責任は重大だと言わざるを得ません。

今日の深夜、日付がかわった午前1時25分から4時25分まで、テレビ朝日の「朝まで生テレビ」に出演します。

桜を見る会をはじめ、国会最終盤の課題を議論することになると思います。

深夜番組ですが、よかったら御覧下さい。