桜を見る会に関する疑惑について、安倍総理は先週金曜日、「国会から求められれば政府として説明をするのは当然のこと」と述べました。

国会で予算委員会の集中審議を開催して、そこで説明責任を果たしていくことに前向きなように聞こえますが、内実は全く異なります。

「国会から求められれば出ていきます」と言いながら(つまり、そうして説明責任を果たすことに後ろ向きでないような格好をつけながら)、実は自民党の国会対策の責任者には、「絶対予算委員会を開くなよ」と、自民党総裁として指示しているわけです。ですから、そもそも「国会から求められれば」ということが起こりえないように、安倍総裁が、しているわけです。

総理大臣という立場と、自民党総裁という立場を、安倍総理はズル賢く使い分けて発言しています。

それは外見ではうまくいっているように見えますが、国民の目には、安倍総理が国会で説明責任を果たすことから逃げよう、逃げようととしていることは明らかになっていると思います。国民の目はごまかせません。