桜を見る会の前夜祭として、安倍総理が自らの後援会の人たち850人を招いて赤坂のホテルニューオータニで開催した立食パーティーは、本当に5千円の会費で成り立つものだったのか。そこがポイントです。

足りない分を安倍総理側が支出していたとすると、これは完全に買収。法律に違反することになります。

常識的に、ホテルニューオータニにおいて5千円での立食パーティーが開催できるとは思えません。もしできるのであれば私も、と問い合わせが殺到するでしょう。

安倍総理は今日、その前夜祭の出席者の大部分がホテルの宿泊者だったことを受けての、ホテルによる価格設定であったと、ホテル側に説明責任を転嫁しました。

これまた、ホテル宿泊者であれば5千円での立食パーティーができるのかと、ホテル側に問い合わせが殺到するでしょう。

他人に責任を押し付けて、自らの説明責任から逃れようとする、安倍総理の見苦しいまでの姿勢が露わです。しかも、突然の、短時間の記者ぶら下がりのみで終わらせようとしている。

自ら国会に出てきて、堂々と説明するべきです。