桜を見る会に関する問題について、今日、野党ヒアリングを開催して政府から、誰をどのような基準で招待者として選定したのかという点を確認しましたが、相変わらず政府側は、各界で功績のあった方々と繰り返すばかりで、それ以上の具体的な説明はしませんでした。

その一方で、自民党の二階幹事長は、「後援会に配慮するのは当然のこと」との考えを示しました。この発言には驚きました。国民の税金を使って、一政治家の後援会に 配慮するのは当然ということですから。

公私混同もはなはだしい、というか、公私の区別が全くついていません。安倍総理のみならず自民党全体の傲慢さが如実にあらわれています。